2012年02月24日

2/25四日市F1ナイター【A級はB本数10本以上が13名!】

■開催日
2/25(土)〜27(月)
■四日市競輪場・基礎データ
周長 400m
見なし直線 62.4m
1着決まり手 逃げ19%、捲くり34%、差し47%

※日本トーター独自調べ

┌───────────
■ 各種ランキング
└───────────
※2/22(水)時点
■バースデイ選手
【1988/2/27生まれ】高間悠平(福井)
■節目勝利目前選手
【通算100勝まであと2勝】外山三平(愛知)

■S級成績上位
★バック回数ランキング★
選手名   府県 期 B数
田中勝仁 千葉 93 17
松岡篤哉 岐阜 97 15
高橋和也 愛知 91 15
上原  龍 長野 95 14
石橋慎太 静岡 88 14

★連対率ランキング★
選手名   府県 期 連対
荒木伸哉 静岡 87 57.1
高橋和也 愛知 91 48.3
吉村和之 岐阜 80 48.2
松岡篤哉 岐阜 97 46.1
青井賢治 徳島 81 44.1

★競走得点ランキング★
選手名   府県 期 得点
荒木伸哉 静岡 87 106.50
岡  光良 埼玉 94 106.33
松岡篤哉 岐阜 97 105.46
石橋慎太 静岡 88 105.30
高原仁志 徳島 85 104.84

■A級成績上位
★バック回数ランキング★
選手名   府県 期 B数
佐藤雅春 宮城 94 19
愛敬博之 愛知 94 18
高間悠平 福井 95 17
加藤正法 愛知 96 15
角口聖也 千葉 94 15
山崎光展 京都 93 15

★連対率ランキング★
選手名   府県 期 連対
高間悠平 福井 95 55.5
西浦仙哉 三重 73 52.3
小峰  烈 長野 98 45.0
金子周一 埼玉 78 42.8
石井規道 神奈 73 42.1

★競走得点ランキング★
選手名   府県 期 得点
宮越  大 富山 77 96.78
山崎光展 京都 93 96.04
小西誠也 三重 80 95.14
愛敬博之 愛知 94 94.00
高林秀樹 群馬 50 93.80

※各種データは直近4ヶ月の成績を集計した結果です
※出場選手は変更になる場合があります
※ダントツ君、逃げイチ君など、お馴染み「ピッグアップレース」の確認はギャンブーにて!
http://gamboo.jp/

┌───────────
■ 地元地区注目選手
└───────────
■S級
松岡篤哉(岐阜)
■A級
宮越大(富山)

┌───────────
■ドンタコスの優勝単
└───────────
■S級:本命「松岡篤哉 (岐阜)」
ホルモン丼との差は開くばかり…。
と思いながら出場メンバーを眺めてみると…。
競走得点ランキングの上位5名の得点差がわずか「1.66」。

つまり、【大混戦】ってことですね。

さらに競走得点トップの荒木はS級2班。
荒木だけじゃない。3位松岡も、5位高原もS級2班なのだ。

日本選手権前ということで、トップクラスの選手は出場しないんですよね。
またまた優勝単的中は難しい…。

言い訳ばかりですが、優勝単は、松岡篤哉。

この松岡、29歳ながら、ヤンググランプリ2011にも出場した岐阜の成長株。

さらに近況、調子がいい。
ここ3場所で全て予選スタートながら決勝進出を果たしている。
優勝こそないが、トップクラスの選手がいないだけに、S級初優勝のチャンスだ。

ただ懸念材料は、中部地区の選手層が薄いこと。
同じ岐阜の吉村、三重の鮒田あたりの頑張りがあればさらに可能性は増すのだが…。

対抗としては、荒木と石橋の静岡両者。

荒木は調子がいい。
とくに1着が多い。直近4ヶ月で28走して1着13回、勝率46%を誇る。
なかなか勝ち上がれないというケースが多いものの、1着がなければ優勝単もない。

石橋は、必ずと言っていいほどG1G2に出場していた選手。
静岡の若き自力型として、渡邉晴智や新田康仁らを引っ張る存在になっていた。
昨年末の佐世保記念では準決勝敗退も2着3回と結果を残した。
このメンバー構成なら、荒木とともに優勝も狙えるぞ!?

■A級:本命「宮越大(富山)」
A級は地元・中部地区にまずまずのメンバーが揃った。
宮越(富山)、小西・西浦(三重)、愛敬・青木(愛知)など自力・追込のバランスもいい。
優勝は中部地区からが濃厚だ。

なかでも得点トップの宮越の調子がいい。
今年1月にS級から降級したが、A級で3節出場してすべて決勝進出を果たし、優勝も1回。
この間、9走して、1着4回2着1回3着1回で3連対率66.6%。

宮越決まり手が「差し」だけなので、ウマが必要になる。

と思って改めてメンバーを見ると、
バック本数10本以上の選手が13名もいる!

ということは平均すると…。
A級は6Rだから13名ということは、1Rあたり2名はバック本数10本の選手がいる、という計算になる。

ウマはナンだカンだといっぱいいるみたいなので、宮越大に優勝単の期待大!

■優勝単成績(2012/2/25時点)
《第1位》
ホルモン丼 的中率47.4%(9/19)
《第2位》
ドンタコス 的中率15.0%(3/20)
別に脚を溜めているわけじゃないんですけどね…。

posted by ギャンブー at 15:40| 開催前展boo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。